自分の意見をサイトに書く時は対話形式を使おう

自分の意見をサイトに書く時は対話形式を使おう
魔理沙

私の意見は以上だ!※個人の意見です。

チルノ

説明責任を果たそうよ…異常。

対話形式とは

概要

魔理沙

あああー本日は晴天なりー!

チルノ

こんな感じで話していることを対話形式と言います。

メリット

魔理沙

ズバリ言うぜ!私が思うに対話形式のメリットとは
「自分の話したいところを客観的に語れるところ」である!

チルノ

その心は?

魔理沙

まずはこれを見て欲しい。

チルノ

おお…文字の羅列…あたいわからない…
取り敢えず情報量は多いし「工作に負けない杯を作れ、運営が動画を差別するな、出来ないんだったら杯畳め!」っていう意見は分かるよ。


「MMD杯」

魔理沙

まあこれは私のMMD杯に対する意見みたいなものなんだぜ。腹が立って書いた。後悔はしていない。
しかしチルノも思った通り「文字の羅列」があって読みにくかっただろう?私も色付けなどで精一杯見やすく書いたつもりなんだが…

チルノ

それだったら「ビジュアル面を改善する効果」じゃん。魔理沙、馬鹿なの?死ぬの?

魔理沙

これだからバカ妖精は…話を最後まで聞け!
一応それもあるが色付けした文は私が言いたいことなんだぜ。客観的な数字や引用もあるが、私の意見への反論がない。一方的に喋っているだろう?
つまり、この文は私の主観が強く出ているということだ。

チルノ

ふーんじゃあこっちは?


「もぐもぐてんこちゃん4!」

魔理沙

こちらもまあ私が色付けした文は私が言いたいことだぜ。
しかし!「気になった所」の項目などに顕著に表れているが「私がおすすめしたいもの」に対する批判的な意見が述べられている。
具体的には「難易度設定」だな。

チルノ

ああ、あれは悔しい思いをしたなあー 正直良い点をさっきまで話していただけに…
ちょっと魔理沙を信用できなくなったよ…

魔理沙

そう、それだ!その意見が欲しかった!

チルノ

は?

魔理沙

どんなものにも必ずいいところと悪いところがあるからな…
おおよその読者はおそらくそれを知っている。悪いところを多少は提示しなければならない。
しかし、一人でべらべらと良い点を書いていた人が多少けなしても
読者は悪いところだとはあまり思わない。なにせ主観的な文だからな。

チルノ

つまり、対話形式にすることによって「客観的」になり説得力が増すってこと?

魔理沙

正確には「客観的」に見えるってことだな。説得力は増すと思う。
だから「自分の話したいところを客観的に語れるところ」という点で対話形式はおすすめだぜ!

チルノ

力説、ありがとうございます。

デメリット

魔理沙

まあデメリットらしいデメリットといえば同じ量を書くにあたって文全体が長くなること。
また対話形式が読みやすいからと言って、頭に入りやすいかは別で
サイトで教わる側(この場合はチルノ)が対話の中で疑問を無くしていくというのは、
あくまでサイトに出てくる教わる側であり、それは読者では無いことに注意。以上。

チルノ

べらぼうに簡潔だね…

魔理沙

さっき「『客観的』に見える」のくだりで言ったじゃないか。
結構事実に近い意見しか述べていないからな。ほとんど常識論みたいなものだぜ。
あとタグ付けなどの作業が増えるってこともあったな。


実際のテキスト部分

チルノ

意外と多くない?

魔理沙

慣れろ。

あとはキャラ付けとかが難しいっていうのは聞いたことがあります。
私はそんなに困ることがありませんでしたけど。
まあ魔理沙とチルノだから想像しやすいのでしょうか?

 

まとめ

メリット

・自分の話したいところを客観的に語れる

・ビジュアル面を改善する

デメリット

・同じ質の文を書くにあたって文量が長くなる

・タグ付けなどの作業が増える

・キャラ付けとかが難しい?

 

雑記カテゴリの最新記事