JSGMEを導入してMODを運用しやすくする

JSGMEを導入してMODを運用しやすくする

今回作業業多いから会話形式はなし。

JSGMEとは

JSGMEは、正式名称はGeneric Mod Enablerといい、MOD(≒有志が作った非公式のゲームをより楽しむためのデータ)の導入を支援するソフトです。
このソフトを使用することによって従来より簡単に気軽にMODを導入することができる、あらゆるゲームに活用することができるツールになります。
通常、MOD関連のファイルを導入する場合、バックアップを保管→MOD導入→(MODを解除したい場合)保管したバックアップのファイルを元に戻す、といった作業を手動で行っていると思います。しかし、JSGMEは一連の作業を、メニュー上の操作で自動で行ってくれるツールとなります。
導入することによりMODの適用、切り換え、バニラ(MODを導入していない状態)への復元といった作業を楽に行えるようになります。 いちいちのファイルをコピーするのは面倒くさい!という人にもお勧めです。また、多数のMODを共存させたりすることやMODの競合を確認するのにも役立ちます。

JSGMEのインストール

まずはJSGME本体をダウンロードします。こちら、からどうぞ。

ダウンロード後、jsgme_setup.exeを実行しJSGMEを導入したいゲームのインストールフォルダ(今回はHoi2AoDで導入)を指定。実行したらなんか色々言われますが、nextを押して進めていきましょう。指定したフォルダにJSGME.ini及びJSGME.exeが生成されます。

Hoi2AoDのインストールフォルダに生成されたJSGME.exeを実行すると設定が始まります。初回起動時に限りフォルダ名をどうするかと聞かれますのでわかりやすい名前に設定しましょう。

今回は『MODS』と設定しました。
ただし、インストールするフォルダはMODを導入したいゲームのインストールフォルダに設定しなくてはなりません。また、一連の作業が終了するとデスクトップにショートカットが作成されます。

MOD導入

設定した名前のフォルダ(ここでは『MOD』と設定しています)が出来ているので、そこに入れたいMODフォルダを入れてみましょう。注意すべき点は、このフォルダの中に入れるフォルダは、その「MODの名前」を示す点\MODの名前フォルダの直下にMODを構成するフォルダが来るようにしなければならないことです。

あとは『MODS』フォルダにMODを入れてJSGMEのショートカットを起動し左側の欄にあるMODを選択して矢印をクリックするとMOD導入完了です。
解除したい時はJSGMEを起動して右側の欄にあるMODを選択して矢印をクリックするとMODの導入が解除されます。バックアップが必要なく素早く元の状態に戻せるため便利です。

同じファイルを置き換えるMODが入っている場合は警告が出て承諾すると下側にあるMODが優先されます。この場合は「日本語化」より「史実準拠イベント追加MOD」が優先的に適用されています。
上下の入れ替えは一度左側の欄に戻してから行なってください。

JSGMEを使って導入したMODに何らかの不具合が起きてMOD製作者様に報告する時は必ず各MOD製作者様にJSGMEを使用していることを申し出ること。想定されていない場合がほとんどです。

雑記カテゴリの最新記事